fc2ブログ
 

本日のヒトコト。

時を経ても。 

同じもの。

教科書に載ってるおはなし。

下の子が、音読で「ひとつの花」を読んでます。
私が、下の子と同じ学年だったとき、教科書に「ひとつの花」が載ってました。

読み比べしたら、まったく同じだった。(挿絵は違う人)
当たり前といえば当たり前だけど。

私の教科書は、実家から、1年~6年まで国語だけ持ってきてます。
子どもたちの教科書と出版社が違うので、同じ物語が入ってることは、
大体一学年に1つあるかないか。

以前、上の子が「かさこじぞう」を音読してたとき、
同じ様に私の教科書に載っていたのと、読み比べしたら、
30箇所くらい、違うところがあった。
昔話は、ちょっと変わるのかも。


ちなみに、なんで、わざわざ自分の教科書を?といわれると、

教科書ってあの薄さで、物語が1冊に数話入ってるので、
「子どもにちょっとお話を読み聞かせしたいときにいいな」と思ったから。

自分にとっては、読めば懐かしい思い出の物語たちですし。
一冊ずつ揃えるとなれば、場所もとるけど、教科書12冊はそんなに場所もとらないし。

・・・まぁ読み聞かせは、あまりしてなくて、
暇なときに読む程度ですが。

子どもたちは物語よりも、「ぶす」という、歌舞伎?の表記や、
「ロボいかないで」という劇に、興味持ってました。
子どもたちの教科書にはないから、面白かったみたい。


私は、私の3年生の教科書の「つりばしわたれ」が好きだなぁ。
スポンサーサイト



カテゴリ: 日々。

page top